埋没法の種類と切開法

エステシャン

異なる効果の持続性

糸で留めるだけで簡単なイメージがある二重整形の埋没法は、技術を持った医師に頼むのが賢明です。糸を留めるときに、程よい力加減で施術する必要があるからです。例えば糸を強く結び過ぎると二重のラインが不自然になり、反対に結び方が緩過ぎると一重に戻るといったリスクが高まります。埋没法には瞼板法と挙筋法があり、後者は眼瞼下垂を起こしやすいと言われていますが、間違った情報だと言う医師もいます。どちらの術法を選択しているかは、クリニックによってばらばらです。医師の技術はもちろん、瞼板法と挙筋法それぞれのメリットとデメリットを比べて考えると良いです。眼瞼下垂が生じるリスクが高いのは、近年人気の幅広二重にする整形手術です。また、埋没法で自然な幅広二重にすることは簡単ではないと言われています。この場合は、切開法を行うのが適当です。埋没法の費用は、クリニックの術法によって異なりますが、5万円から10万円を目安にすると良いです。一方、切開法の費用相場は25万円ほどとなっています。

埋没法は、なによりダウンタイムが短いのがメリットです。「腫れない二重整形」と謳っているクリニックは少なくなく、費用がお手頃なのも魅力です。ただし、切開法のように永久的な効果は見込めません。すぐに二重のラインが取れてしまう人もいれば、加齢によってまぶたが垂れてきて不自然なラインになる人もいます。糸が取れにくい人と取れやすい人の違いは、まぶたの脂肪量と言われています。脂肪の重みが糸に負担をかけて伸びたり切れたりするからです。それでも術後に失敗したと感じた場合、糸を取れば元の目に戻せるという安心感が強く、整形初心者に人気です。と言っても、術後時間が経つと糸が癒着して取れなくなるため注意してください。切開法は費用が高くダウンタイムは長いですが、糸が取れる心配がなく、永久的な効果が期待できるのがメリットです。目を擦ったりアイメイクをしたりするときに注意深くなる必要はありません。まぶたの脂肪が多い人も切開のついでに脂肪除去を行うため、分厚いまぶたもすっきりします。

Copyright© 2019 美容外科と施術法を判断する為に重要な部分 All Rights Reserved.